スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ方法

スタートメニューに表示するフォルダーを選ぶ方法

Windows10のスタートメニューの左端には、いくつかのフォルダーへのショートカットアイコンが表示されています。

「ドキュメント」「ピクチャ」「設定」など、意外と便利なものが多いフォルダーの表示機能ですが、実は表示するフォルダーを自分で選ぶことができます。

スタートに表示するフォルダーの例

 

今回は、スタートメニューに表示するフォルダーについて、表示・非表示の設定方法を紹介します。

この設定をマスターすれば、「ドキュメント」「ピクチャ」などのショートカットを、スタートメニューに表示させることができますよ。

 

スタートに表示することができるフォルダーは?

スタートメニューの左端に、ショートカットアイコンを表示させることができるフォルダーは、以下のとおりです。

  • エクスプローラー
  • 設定
  • ドキュメント
  • ダウンロード
  • ミュージック
  • ピクチャ
  • ビデオ
  • ネットワーク
  • 個人用フォルダー

スタートメニューに表示するフォルダーを設定する方法

まずは、デスクトップの左下にある「ウィンドウのマーク」をクリックするか、キーボードにある「Windows キー」を押しましょう。

ウィンドウのマークをクリックする

 

スタート画面が表示されたら、左下の「設定」をクリックしてください。

「設定」をクリック

 

「Windowsの設定」が表示されたら、「個人用設定」をクリックします。

Windowsの設定:個人用設定をクリック

 

「個人用設定」が表示されたら、左の一覧から「スタート」をクリックしましょう。

設定>個人用設定>スタート

 

「スタート」の設定画面が表示されたら、「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」をクリックします。

スタート>スタートに表示するフォルダーを選ぶ

 

「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」の画面が表示されたら、表示するフォルダーを「オン」にし、表示させないフォルダーを「オフ」にしましょう。

スタートに表示するフォルダーを選ぶ

 

では、すべての項目をクリックして、「オン」にしてみました。スタートメニューの左端が、賑やかになりましたよね。

スタートのフォルダー:すべて表示

 

フォルダーごとのアイコンがわかりやすいように、「スタート」を展開してみましょう。

標準のスタート画面:スタートを展開する

 

「スタート」を展開した状態だと、こんな感じです。

スタートのフォルダー表示:展開

 

実際にフォルダーを開いてみよう

スタートメニューすべてのフォルダーを表示させると、たくさんのフォルダーがあって混乱しますよね。ここからは、これらのフォルダーをクリックした場合、何が表示されるのかを見ていきましょう。

なお、「ユーザー名」と「電源」は常に表示される項目なので、説明は省略します。

ドキュメント・ダウンロード・ミュージック・ピクチャ・ビデオを開く

まずは、「ドキュメント」「ダウンロード」「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」など、Windows XP/Vista/7 のスタートメニューでお馴染みのフォルダーを見ていきましょう。

ここではとして、「ドキュメント」のフォルダーをクリックします。

スタートのフォルダー:ドキュメントをクリック

 

「ドキュメント」のウィンドウが表示されました。

PC>ドキュメント

同じように、スタートメニューの「ダウンロード」「ミュージック」「ピクチャ」「ビデオ」をクリックすると、それぞれのウィンドウが表示されます。

 

ネットワークをクリックすると…

次に、「ネットワーク」をクリックしてみます。

スタートのフォルダー:ネットワークをクリック

 

もし、警告画面が表示された場合は、「OK」をクリックします。

ネットワーク:警告

ちなみに、警告の内容は「ネットワーク探索が無効です。ネットワーク コンピュータとデバイスは表示されません。[ネットワークと共有センター]でネットワークの探索を有効にしてください。」というものです。

 

もしあなたが家庭内LANなどを利用している場合、他の端末(デバイス)とネットワークの共有をしていなければ、上記のような警告が表示されるかもしれません。

私の場合は、父・母・私の3人がそれぞれPCを所持していて、家庭内LANでデータの共有をしていなかったため、このような表示が出ました。

PCに何か問題があるということではないので、このまま先に進みます。

 

一応、「ネットワーク」が表示されました。ただし、私の場合はネットワーク探索とファイル共有「無効」にしているため、フォルダーの中身はです。

ネットワーク

 

もし、ネットワーク探索とファイル共有「有効」にしたい場合は、薄い青色になっている部分をクリックします。

変更する場合は、クリックする

 

メニューが表示されたら、希望の項目をクリックしましょう。ちなみに、私は何も変更せずにウィンドウを閉じました。

ネットワーク:希望の項目をクリック

 

個人用フォルダーを開く

「個人用フォルダー」をクリックしてみましょう。

スタートのフォルダー:個人用フォルダーをクリック

 

現在ログインしているユーザーの「ユーザーフォルダー」が表示されました。

PC>Cドライブ>ユーザー>ユーザー名

 

エクスプローラーをクリックすると?

「エクスプローラー」をクリックしてみましょう。

スタートのフォルダー:エクスプローラーをクリック

 

「エクスプローラー」が表示されました。

エクスプローラー>クイックアクセス

 

なお、タスクバーにある「エクスプローラー」をクリックした場合も、同じ結果になります。

タスクバーのエクスプローラーをクリック

 

設定を開く

最後に、「設定」をクリックしてみましょう。

スタートのフォルダー:設定をクリック

 

「Windows の設定」が表示されました。

Windows の設定

 

Windows10のスタートメニューでは、「コントロール パネル」のショートカットがすぐわかる場所にありません。そのため、何かの設定を変更する場合には、上記の「Windows の設定」から変更します。

もし、「コントロール パネル」を使う方がしっくりくるという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

Windows10でコントロールパネルを表示させるには?
Windows10では、スタートメニューに「コントロール パネル」がありません。代わりに「設定」がありますが、すぐには馴染めないですよね。この記事では、コントロールパネルを表示させるカンタンな方法を、3つ紹介します。

まとめ

Windows10のスタートメニューでは、左端に表示するフォルダーを自分で選択することができます。

設定するには、「設定(Windows の設定)>個人用設定>スタート」を開き、「スタートに表示するフォルダーを選ぶ」からフォルダーの表示・非表示を選択しましょう。

あわせて読みたい

Windows10のスタートメニュー「ドキュメント」「ピクチャ」などのショートカットを表示させる方法は、他にもあります。

例えば、スタートメニューのタイル「ドキュメント」「ピクチャ」追加することも可能です。

スタートメニューのタイル追加・削除する方法については、こちらの記事を参考にしてください。

Windows10のスタートメニューでタイルを追加・削除するには?
Windows10のスタートメニューに表示されるアプリのタイル(ショートカット)について、追加・削除する方法を紹介します。使わないアプリのタイルを削除して、よく使うアプリのタイルを追加すれば、スタート画面がぐっと使いやすくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました