Windows10 タイルの色を変更するには?

Windows10 スタートメニューやタスクバーの色を変更するには?

Windows10のスタートメニューに表示されるタイルは、を一括で変更することができます。

「初期設定の「青」では、物足りない…」
「背景の画像に合わせて、別の色にしたい」

なんて場合は、以下で紹介する手順にしたがって、タイルの色をカスタマイズしてみましょう。

 

タイルの色を変更するには、アクセントカラーを変えるべし?

スタートメニューに表示されるタイルの色を変えるには、実際には、「アクセントカラー」を変更することになります。

でも、「アクセントカラーって何?」て、なりますよね?

「アクセントカラー」とは、その名のとおり、アクセントになる色のことです。洋服のコーディネイトで言えば、「挿し色」に例えてもいいかもしれません。

 

Windows10のデスクトップでは、アクセントカラーがさまざまな場所で使われています。

例えば、スタートメニューに表示されるタイルの色は、アクセントカラーです。

Windows10:スタート画面のタイル

 

また、スタートメニューの「アプリの一覧」に表示されるアイコンの背景色も、アクセントカラーです。

Windows10:スタート画面の「すべてのアプリ」

 

タスクバーに表示されるアイコンを見てみましょう。起動中(アクティブ)のアプリは、背景色が少し明るくなり、アイコンの下にタイルと同じ色の下線がありますよね? これも、アクセントカラーです。

Windows10のタスクバー:アクティブなアプリのアイコン

 

さらには、アクションセンター(通知領域)にある色文字も、アクセントカラーです。

Windows10:アクションセンターの色文字

 

この他にも、ウィンドウの枠の色や、アプリの色文字などで、アクセントカラーが使われています。

アクセントカラーがどんな場所で使われているのかは、だいたい理解してもらえたでしょうか?

 

今回はタイルの色を変更する訳ですが、はじめにお話ししたように、実際には「アクセントカラーを変更する」ことになります。

そして、アクセントカラーを変更すると、アクセントカラーが表示されている部分は、すべて連動して色が変更されます。

 

基本的には、デスクトップの色を一括でコントロールできるため、統一感・安定感が生まれるのですが…。場合によっては、思いがけない部分の色が変更されることもあります。あらかじめ、ご注意ください。

もちろん、アクセントカラーを変更しても、カンタンに初期設定の「青」に戻すことができます。試行錯誤して、しっくりくる色を選んでください。

 

アクセントカラーを変更する方法

実際に、タイルの色をはじめとするアクセントカラーを、変更してみましょう。

色を変更する前デスクトップは、こんな感じです。

Windwos10 タイルの色:初期設定

 

「色」の設定を開こう

まずはデスクトップの左下にあるウィンドウのマークをクリックするか、キーボードにある「Windows キー」を押しましょう。

ウィンドウのマークをクリックする

 

スタート画面が表示されたら、左下の「設定」をクリックしてください。

「設定」をクリック

 

「Windowsの設定」が表示されたら、「個人用設定」をクリックします。なお、この時点では、アプリ枠の色リンク文字の色初期設定の「青」です。

Windowsの設定:個人用設定をクリック

 

「個人用設定」が表示されたら、左の一覧から「色」をクリックしましょう。

個人用設定:「色」をクリック

 

色の選択方法は、4つ!

タイルの色を含め、アクセントカラーを変更するには、「色を選択する」の項目から、希望の色を選びます。

色:色を選択する

 

色の選択方法は、4つです。

  • 背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ
  • 最近使用した色
  • Windows の色
  • ユーザー設定の色

それぞれについて、詳しくみていきましょう。

アプリによっては、あらかじめタイルの色が決まっているものがあります。そのようなアプリのタイルやアクセントカラーは、以下で紹介する方法に従っても、色を変更できませんのでご注意ください。

 

背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ

背景から自動的にアクセントカラーを選んだ場合、背景と馴染む色が表示されます。

色味や明るさ、文字を読むときの見やすさなどを気にしなくても、自動的に自然な色が選択されるので、オススメです。

やり方はカンタン。
「背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ」をクリックしましょう。

背景から自動的にアクセントカラーを選ぶ

 

しばらくするとサンプル画像の色が変わり、実際のデスクトップでもアクセントカラーに変わります。

スタートメニュータスクバーアクションセンターは、こんな感じになりました。

タイルの色:背景から自動的に選ぶ

 

アプリ色文字は、こんな感じ。

アプリの色:背景から自動的に選ぶ

 

しばらく待ってもタイルの色が変わらない時は、次の項目「最近使用した色」で、アクセントカラーと同じ色を選んでください。

 

最近使用した色から選ぶ

「最近使用した色」では、その名の通り、最近使用した色が表示されます。

いくつかの色で迷った時、1つ前の選択色に戻したりして、気に入った色を選ぶのに便利です。

では、「黄色」を選んでみました。

色:最近使用した色

 

スタートメニュータスクバーアクションセンターは、こんな感じ。

タイルの色:最近使用した色

 

アプリ色文字は、こんな感じです。

アプリの色:最近使用した色

 

Windows の色から選ぶ

「Windows の色」では、あらかじめWindowsが用意した色の中から、好きな色を選ぶことができます。

では、「ピンク」を選んでみました。

色:Windowsの色

 

スタートメニュータスクバーアクションセンターは、こんな感じです。

タイルの色:Windowsの色

 

アプリ色文字は、こんな感じになりました。

アプリ:Windowsの色

 

ユーザー設定の色から選ぶ

「ユーザー設定の色」では、「Windows の色」よりもさらに多くの色から、アクセントカラーを選ぶことができます。

「ユーザー設定の色」をクリックしましょう。

色:ユーザー設定の色

 

アクセントカラーを選ぶ画面が表示されたら、カラーパレットクリックして、好みの色を探します。

ユーザー設定の色:選択画面

 

実際にどんな風に表示されるかは、カラーパレットの下にある「色のプレビュー」で確認してください。

色を選んだら、「完了」をクリックします。

 

では、「ターコイズ」を選んでみました。

スタートメニュータスクバーアクションセンターは、こんな感じです。

タイルの色:ユーザー設定の色

 

アプリ色文字は、こんな感じになりました。

アプリの色:ユーザー設定の色

 

なお、色によっては、「この色は読みにくい可能性があります。」とか、「この色はサポートされていません。」といった、注意文が表示されます。

注意文が表示されても、「完了」ボタンを押すことはできますが…。実際に使用して目が疲れる場合は、他の色を検討しましょう。

 

まとめ

Windows10のスタートメニューに表示されるタイルの色は、一括で変更することができます。

変更するには、「Windows の設定」「個人用設定」を開き、「色」の設定画面で「アクセントカラー」を選択します。

 

あわせて読みたい

タイルの色だけでなく、スタート画面の枠(背景)タスクバーアクションセンター(通知領域)についても、カスタマイズしたいという場合は、こちらの記事を参考にしてください。

Windows10 スタート画面やタスクバー、アクションセンターの色を変更する方法
スタートメニューの枠(背景)やタスクバー、アクションセンターの色は、一括で変更することができます。スタートメニューのタイルの色だけでなく、その枠(背景)も色を変えたい場合は、こちらの記事を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました