Windows10 天気のライブタイルは地域設定でもっと便利に

Windows10 天気のライブタイルは地域設定でもっと便利に

Windows10のスタートメニューを開くと、アプリのタイル(ショートカット)が目に飛び込んできます。その中でも「天気」ライブタイルは、天気や温度がわかって便利ですよね。

ただ、このライブタイル。初期状態では、「東京」の天気・温度が表示されるようになっています。

現在地登録した地域の天気を表示させるには、一度アプリを開いて、地域の設定をする必要があります。

今回は、「天気」アプリの地域設定について、手順を紹介します。地域を設定して、より効果的に「天気」アプリの情報を受け取りましょう。

 

天気アプリで地域を登録しよう

まずは、「天気」のタイルをクリックします。

スタートメニュー:天気のライブタイル

 

もしくは、アプリの一覧から「天気」をクリックしてください。

スタートメニュー>アプリの一覧>天気

 

「天気」アプリが表示されたら、画面に従って、地域の情報を選択していきます。

「天気」アプリの初期設定

 

「気温の表示(単位)」については、日本に住んでいる場合、「摂氏」を選びましょう。続いて、「現在の場所を取得」をクリックします。

気温の表示と現在の場所

 

「MSN 天気 が詳しい位置情報にアクセスすることを許可しますか?」という確認画面が表示されたら、「はい」をクリックしてください。

MSNからの位置情報アクセス確認

 

自動で表示された場所に間違いがなければ、そのまま「開始」をクリックしてください。

自動取得された地域が表示される

 

自動で表示された地域が、現住所あるいは今いる場所と異なる地域名だった場合は、すぐ下にある「検索」に県名や市町村名を入れて、実情にあった地域名を選択してください。

地域を検索

 

ちなみに、市町村名が出ない場合もあります。…ガッカリだよ。場所に納得(?)できたら、「開始」をクリックしましょう。

検索結果から地域を設定する

 

「天気」アプリが開始しました。

天気アプリのホーム画面

 

アプリをいったん終了し、スタートメニューを表示させましょう。「天気」ライブタイルが、新たに設定した地域を表示しています。

天気アプリの地域を設定できた

 

表示する地域を後から変更するには?

「天気」のアプリで表示する地域は、「設定」からいつでも変更することができます。

アプリを開いたら、画面の左下にある「設定」をクリックしてください。

天気アプリ:設定をクリック

 

「設定」が表示されたら、「全般」タブが表示されていることを確認してください。「オプション」の中にある「地域を設定」で、表示する地域を変更することができます。

天気アプリ:「設定」から地域を変更する

 

タイルのサイズ変更で、もっと見やすく

スタートメニューに表示されるタイルは、大きさを変更することができます。

「天気」アプリライブタイルは、タイルの大きさを変更することによって、もっと便利に自由に使うことができます。

ぜひ自分にとって見やすい・使いやすいタイルの大きさを、探してみてくださいね。

タイルの大きさの変更については、こちらの記事を参考にしてください。記事の中で、「天気」アプリのタイルの大きさを変更しているので、見た目の違いがハッキリわかります。

Windows10のスタートメニューでタイルの大きさを変更するには?
Windows10のスタートメニューに表示されるタイル(アプリのショートカット)について、大きさを変更する方法を紹介します。複雑なカスタマイズをしなくても、タイルの大きさを変えるだけで、スタートメニューがグッと使いやすくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました