Windows10のスタートメニューでタイルの大きさを変更するには?

Windows10のスタートメニューでタイルの大きさを変更するには?

Windows10のスタートメニューに表示されるタイル(アプリのショートカット)について、大きさを変更する方法を紹介します。

複雑なカスタマイズをしなくても、タイルの大きさを変えるだけで、スタートメニューがグッと使いやすくなるので、ぜひ基本を押さえておきましょう。

「タイルの大きさを変更する方法なら、知ってるよ~」という場合も、意外な発見があるかもしれませんので、さらっと読み流してみてくださいね。

 

タイルを追加・削除するには?

まずは基本のおさらいです。アプリやフォルダのタイル(ショートカット)を追加削除する方法がわからないという場合は、本編を読む前にこちらの記事を読んでくださいね。

Windows10のスタートメニューでタイルを追加・削除するには?
Windows10のスタートメニューに表示されるアプリのタイル(ショートカット)について、追加・削除する方法を紹介します。使わないアプリのタイルを削除して、よく使うアプリのタイルを追加すれば、スタート画面がぐっと使いやすくなりますよ。

タイルの大きさを変更する方法

スタート画面に表示されるタイルの大きさを変更するには、まずタイルを右クリックします。

アプリのタイルを右クリックする

 

メニューが表示されたら「サイズ変更」にカーソルを移動し、横に表示されるメニューから希望するサイズをクリックします。

タイルのサイズを選ぶ

 

タイル(小・中・横長・大)のサンプル

タイルの大きさは、「小」「中」「横長」「大」の4つがあります。スタートメニューに表示される多くのタイルは、基本的に「中」の大きさです。

実際に、各サイズのタイルのサンプルを見てみましょう。

サンプル:タイルの大きさ「小」

サイズ変更で「小」を選んだ場合、「中」のタイルの4分の1の大きさのタイルが表示されます。

タイル:サイズ変更「小」

 

「小」のタイル1つだけだと、バランスが良くないですよね。でも、4つのタイルを「小」に変更して集めると?

タイル:「小」を4つ集める

 

アイコンが小さくて見づらいかもしれませんが、1か所にスッキリ収まりました。このように、「小」のタイルを使った場合、「中」のタイル1つ分のスペースで、アプリのタイルを4つ分収めることができます。

ショートカットしたいアプリやフォルダがたくさんある場合、「小」のタイルを使えば、見た目スッキリ省スペースでタイルを管理できますよ。

 

サンプル:タイルの大きさ「中」

サイズ変更で「中」を選んだ場合、もっともオーソドックスな大きさのタイルが表示されます。

タイル:サイズ変更「中」

 

整然と並んでいるため、シンプルな見た目が好きなら、すべてのタイルを「中」に統一するのもオススメです。

 

サンプル:タイルの大きさ「横長」

サイズ変更で「横長」を選んだ場合、「中」のタイルを2つ横に並べた大きさで表示されます。

タイル:サイズ変更「横長」

 

タイルを「横長」に変更した場合、周囲のタイルは自動的にズレます。好みに合わせて、ズレたタイルも並べ替えしてくださいね。

 

サンプル:タイルの大きさ「大」

サイズ変更で「大」を選んだ場合、「中」のタイル4つ分の大きさで表示されます。

タイル:サイズ変更「大」

 

タイルを「大」に変更した場合、周囲のタイルは自動的にズレます。好みに合わせて、ズレたタイルも並べ替えしましょう。

タイル:「大」に合わせてカスタマイズ

 

困ったときのQ&A

タイルのサイズを変更しているときに、「…アレ? 何か変?」と思ったら、いったん手を止める癖をつけましょう。

というのも、Windows10のスタートメニューは、デフォルトでは初期化の機能が備わっていません。つまり、タイルがグチャグチャになってしまったとしても、クリック1つで初期の状態を回復…とは行かないのです。

トラブルが起きた時は、パソコンのマニュアルやインターネット上の情報サイトで、解決法を探すことをオススメします。もちろん、このブログがお役に立てば、私も嬉しいです。

タイルの大きさ変更に関する疑問は、以下のQ&Aも参考にしてください。

Q1. サイズ変更に「横長」が現れない?

Windows10のスタートメニューに表示されるタイル。不思議なことに、「小」「中」「横長」「大」の4つのサイズから選べるアプリもあれば、「小」「中」の2つのサイズからしか選べないアプリもあります。

いろいろ試したところ、いくつかの傾向がありました。

 

  • Windows10にはじめから入っているアプリの内、Microsoftのアプリ「小」「中」「横長」「大」から選べる傾向がある。
  • はじめから入っていたアプリであっても、Microsoftのアプリではない場合、サイズは「小」「中」のみであることが多い。
  • 自分で後からインストールしたMicrosoft以外のアプリは、「小」「中」のみの傾向。ただし、例外もある。
  • 「ドキュメント」「ピクチャ」などのフォルダは、「小」「中」のみ。
  • 「コントロール パネル」「PC」も、「小」「中」のみ。
  • 音楽系のアプリは、少し特殊。「Groove ミュージック」は「横長」「大」も選べるが、「Windows Media Player」は「小」「中」のみ。

 

以上を踏まえ、タイルのサイズ変更で「横長」や「大」の選択肢が表示されない時は、「そういうアプリなんだな」と割り切った方が、良いかもしれません。

 

Q2. タイル「小」とフォルダ化との違いは?

Windows10のスタートメニューに表示されるタイルは、フォルダ化(階層化)することができます。フォルダ化した場合の見た目は、こんな感じです。

スタートメニュー:タイルのフォルダ化

 

フォルダ化したタイルをクリックすると、フォルダの中身が展開されます。

スタートメニュー:タイルのフォルダを展開する

 

複数のタイルをフォルダ化すると、「小」のタイルを使うよりもさらに多くのタイルを、「中」のタイル1つ分のスペースで管理することができます。

たくさんのタイルをスッキリ管理したいという場合に、オススメです。詳しくは、こちらの記事を読んでくださいね。

Windows10のスタートメニューにフォルダを追加(階層化)する方法
Windows10のスタートメニューに表示されるアプリのタイル(ショートカット)は、複数のタイルを1か所に集めて、フォルダ化(階層化)することができます。例として、6つのタイルを1つのタイルにフォルダ化する方法を紹介します。

まとめ

Windows10のスタートメニューに表示されるアプリのタイルは、大きさを変更することができます。「小」「中」「横長」「大」の4サイズを組み合わせることで、より自由にカスタマイズすることができます。

アプリによって、「横長」や「大」の方が見やすいこともありますし、「小」を並べた方が管理しやすいこともあるでしょう。

好みに合わせてカスタマイズし、より快適なスタートメニューを実現してください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました