Windows10でデスクトップのショートカットを作成・削除するには?

windows10でデスクトップのショートカットを作成・削除する方法

Windows10では、スタート画面に表示されるアプリ(アプリケーション/プログラム)を右クリックしても、デスクトップにショートカットを作成する項目が、メニューにありません。

Windows XP/Vista/7 のパソコンを長年使い続けてきたユーザーにとっては、仕様変更が多すぎて、混乱するばかりですよね。

 

でも、Windows10においても、デスクトップアプリのショートカット作成することはできます。しかも、意外とカンタンかも?

以下では、デスクトップにアプリのショートカットを作成する方法と、必要ないショートカットを削除する方法について、画像付きで紹介します。

Windows10を快適に使いこなすためにも、サクサクっと読んでみてください。

 

デスクトップにショートカットを作成するには?

デスクトップの左下にあるウィンドウのマークをクリックするか、キーボードにあるWindowsキーを押してください。

ウィンドウのマークをクリック

 

スタート画面が表示されたら、アプリの一覧から、デスクトップにショートカットを作成したいアプリを選びます。

ここでは、例として「Microsoft Edge」を選ぶことにします。

ショートカットを作成したいアプリをクリックしたら、指を放さずそのままデスクトップ上に移動します。

デスクトップにドラッグする

 

ドラッグすると、はじめはカーソルの近くに禁止マークが出ますが、デスクトップ上に移動していくうちに、リンクマークに切り替わります。リンクマークに切り替わったら、適当な場所で指を放します。

デスクトップ上にショートカットを作成する

 

あとは、デスクトップ上の好きな場所にドラッグして、見た目を整えましょう。

デスクトップ上で整理する

 

デスクトップのショートカットを削除するには?

デスクトップ上にあるアプリのショートカットを削除する方法を、2つ紹介します。どちらもカンタンなので、やりやすい方法で削除してください。

  • 「右クリック」して「削除」する方法
  • 「ごみ箱」に移動する方法

 

「右クリック」して「削除」する方法

削除したいショートカットを右クリックし、メニューが出たら「削除」をクリックします。

デスクトップのショートカットを削除する

 

「ごみ箱」に移動する方法

削除したいショートカットを「ごみ箱」クリックしたまま移動します。

ショートカットをごみ箱にドラッグする

 

仕上げに、ごみ箱を空にしよう

上で紹介した2つの方法は、デスクトップ上のショートカットを削除した後、ショートカットのアイコンがごみ箱に残ります。

ショートカットを完全に削除する場合は、ごみ箱を右クリックし、「ごみ箱を空にする」をクリックしましょう。

ごみ箱を空にする

 

確認画面が表示されたら、「はい」をクリックします。

「はい」をクリックする

 

ショートカットを削除するときは、ここに注意!

ショートカットを削除してもアプリは残る?

デスクトップ上にある「アプリのショートカット」を削除しても、アプリそのものは削除されません。ショートカットをごみ箱に移動し、ごみ箱を空にしても、やはりアプリそのものは削除されません

アプリのショートカットは、言ってみれば、「呼び出しボタン」のようなものだからです。

 

もしアプリ(アプリケーション/プログラム)そのものを、パソコン本体から削除(アンインストール)したい場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

Windows10でアプリをアンインストールする3つの方法
Windows10では、アプリケーションソフトやプログラムなどのことを、アプリと呼んでいます。これらのアプリをアンインスール(削除)するには、3つのカンタンな方法があります。いらないアプリや不要になったソフトを削除する際に、参考にしてください。

デスクトップ上のアプリやファイル、フォルダを削除すると?

アプリ/ファイル/フォルダを削除?

 

ファイルフォルダアプリそのものがデスクトップに保存されている場合は、アイコンを削除すると、データやプログラムそのものが削除されてしまう可能性があります。

データの容量がそれほど大きくない場合、ごみ箱に移動していることもありますが…。

データの容量が大きい場合、ごみ箱に移動することなく直接削除されることもありますので、注意しましょう。

 

アプリ本体かショートカットか、見分けるポイントは?

アイコンの左下に矢印マークがついているものは、アプリやファイル、フォルダのショートカットです。

ショートカットのアイコン

 

アイコンの左下に矢印マークがないものは、アプリやファイル、フォルダそのものです。

フォルダのアイコン

 

アプリやファイル、フォルダそのものを間違って削除しないためにも、デスクトップ上のアイコンを削除するときは、矢印マークを確認する癖をつけましょう

そんなことを言いつつ、私も5年に1回くらい、やらかすんですけどね…。

 

ショートカットを活用して、快適に使おう

今回はデスクトップにショートカットを作成・削除する方法を紹介しましたが、Windows10では他にもさまざまな場所にショートカットを作成することができます。

Windows10でショートカットを作成できる場所は、主に3つです。

 

  • デスクトップ
  • スタートメニュー(スタート画面)
  • タスクバー

 

タスクバーにアプリのショートカットを追加する方法については、こちらの記事を参考にしてください。

Windows10でタスクバーにショートカットを追加・削除するには?
Windows10では、タスクバーにアプリやフォルダのショートカットを登録することができます。複雑なカスタマイズはできなくても、よく使うアプリのアイコンをタスクバーに追加するだけで、ぐっと使いやすくなりますよ。以下では、やり方を紹介します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました