Windows10にプリンターのドライバーが対応していない!? 解決法は?

windows10にプリンターのドライバーが対応していない!? 解決法は?

Windows10に今まで使っていたプリンターを接続しようとしたら、トラブル発生!

Windows10にプリンターのドライバーをインストールしようとしたら、「現在使用しているOSはサポートされていません。」と表示された!」

「インストーラーの指示通り、USBを差して電源を入れたのに、プリンターがWindows10に認識されない!?

「付属CDに入っていた他のアプリケーションソフトは、インストールできたけれど…。肝心のドライバーがインストールができなかった!

そんな時は、メーカーのホームページで、最新のドライバーをインストールしてみましょう。また、他のアプリケーションソフトについても、必要に応じて最新版をダウンロードしてみましょう。

 

Windows10にプリンターのドライバーが対応しない時の解決法

先日、長年使ってきたパソコン(Windows Vista)をついに買い替えて、私もWindows10デビューを果たしました。

久々とはいえ、初期設定はスムーズに進み、このまま使い始められそう…と思ったのも束の間。周辺機器の接続を始めた途端、トラブル続出!?

プリンタードライバーをインストールしようとして、こんな画面が表示された時は、本当に焦りました。

ドライバーがWindows10に対応していない

 

思い返せば、今使っている周辺機器は、どれもこれも2010年以前に買ったものばかり。古すぎてWindows10には対応していない…ということでしょうか?

「え?
周辺機器も、全部買い替えろってこと?」

 

……パソコンこそ買い替えましたが、周辺機器はふつうに使えると思っていただけに、動揺せずにはいられませんでした。胸が詰まって苦しいのは、気のせいではありません。

そんな風に、ちょっとマイナス思考で始まったWindows10の初期設定でしたが。周辺機器の接続も、何とかなりました!

 

今回は、Windows10にプリンターを接続するまでに、私がしたことを紹介します。

私が使っているプリンターはEPSON(エプソン)ですが、CANON(キャノン)やブラザーなど、他のメーカーのプリンターでも、同じように解決できるかもしれません。

ドライバーが古くてWindows10に認識されない場合は、焦って新しいプリンターを買う前に、以下で紹介することをやってみてください。

 

プリンターのメーカーと型番をチェックしよう

まずは、プリンターメーカー名型番(品番)を確認しましょう。一般的には、プリンター本体か取扱説明書に書いてあることが多いです。

ちなみに私のプリンターは、エプソンのPM-A840でした。
発売年が2007年の製品なので、すでに10年以上のお付き合いです。

メーカー名と型番を調べよう

 

メーカーのホームページを開こう

次に、メーカーホームページを開きます。ホームページを開いたら、製品のサポート情報ダウンロード情報のページを探してください。

調べてもよくわからない時は、「メーカー名 型番(品番)」と入力して、インターネットを検索しても良いかもしれません。

製品のダウンロード情報を調べる

 

サポート情報・ダウンロード情報をチェック!

プリンターのサポート情報・ダウンロード情報のページを開いたら、あなたのプリンターの型番(品番)と一致する項目を探してください。

見つけたら、あなたのプリンターのサポート情報ダウンロード情報をよく読みましょう。

特にチェックしたいのは、以下の2点。

  1. 最新版のドライバーをダウンロードできるか?
  2. それをインストールすれば、Windows10に対応できるか?

 

この2点を満たしているプリンターなら、基本的には最新ドライバーをインストールすることで、Windows10にも対応できるはずです。

 

注意事項をよく読もう

ドライバーの最新版を見つけたら、注意事項をよく読みましょう

もし、最新版のドライバーをインストールする前に、古いバージョンのドライバーを削除(アンインストール)するよう書かれていた場合は、指示に従ってください。

 

アプリ(アプリケーションソフト)のアンインストール方法については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

Windows10でアプリをアンインストールする3つの方法
Windows10では、アプリケーションソフトやプログラムなどのことを、アプリと呼んでいます。これらのアプリをアンインスール(削除)するには、3つのカンタンな方法があります。いらないアプリや不要になったソフトを削除する際に、参考にしてください。

 

なお、以下はあくまで自己責任となりますが…。

もしアプリの一覧を見ても、どれがプリンターのドライバーかよくわからない時は、古いドライバーをアンインストールしないまま、最新版のドライバーをインストールしてしまっても良いと思います。

というのも、古いドライバーを削除する必要がある場合、たいていのインストーラーは「古いドライバーを削除してよいか」確認するか、さもなければ自動で削除して、最新版をインストールするからです。

 

最新版のドライバーをダウンロードしよう

さて、いよいよ最新版のドライバーダウンロードしましょう。ダウンロードする場所は、任意の場所でOKです。最新版ドライバーのインストールが完了したら、ダウンロードしたファイルは削除してしまって大丈夫なので。

ここでは、素直に「PC>ダウンロード」に保存しています。

最新ドライバーをダウンロード

 

インストール開始!

ダウンロードできたら、ファイルを選択して右クリックし、「管理者として実行」をクリックします。

「管理者として実行」をクリックする

 

この後、「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示され、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれたら、「はい」をクリックしてください。

 

あとはインストーラーの指示に従って、最新版ドライバーインストールします。場合によっては、この時点で、プリンターがWindows10に認識されるかもしれません。

 

最新版ドライバーでもプリンターが認識されない時は?

最新版のドライバーをインストールしても、プリンターがパソコンに認識されない場合、いろいろなケースが考えられます。

 

プリンターを無線LANで接続する場合

プリンターを無線LANで接続

無線LANでプリンターを使用する場合は、メーカーのホームページで、無線LANに関するトラブルシューティングQ&Aよくある質問(FAQ)などを確認してみてください。

また、ダウンロード情報をチェックして、無線LANに関わるアプリケーションを、最新版に更新することもお勧めします。

 

プリンターをUSBで接続する場合

プリンターを有線接続する

プリンターをUSBで接続する場合、以下に紹介することを試してください。

まず、最新版のドライバーをインストールする際、「プリンターのUSBをパソコンに接続し、プリンターの電源を入れる」という作業をしていない場合は、この作業をしてみましょう。

それでも認識されない場合は、次の項目を確認してください。

 

「プリンターとスキャナー」を確認しよう

Windows10のスタート画面で、「設定」をクリックします。

「設定」をクリックする

 

「Windowsの設定」が表示されたら、「デバイス」をクリックします。

「デバイス」をクリックする

 

左側にあるデバイスの一覧から、「プリンターとスキャナー」をクリックします。

「プリンターとスキャナー」をクリック

 

「プリンターとスキャナー」が表示されたら、現在認識されているデバイスの一覧を確認しましょう。

先ほどインストールしたプリンターのドライバーは、表示されていますか?

プリンターは表示されている?

 

この時、もしもあなたが使っているプリンターの製品名と型番2つ表示されていた場合は、「使用できません」といった表示がされている方を、削除してください。

画像が残っていてなくて申し訳ないのですが…。削除したいプリンター名をクリックし、「デバイスの削除」をクリックしてください。

この時点で、一覧に残っている方のプリンター「オフライン」と表示されていた場合は、改めてプリンターの電源を入れてみましょう。

どうですか?
プリンターは認識されましたか?

 

それでも認識されない時は…

もし、これでもプリンターが認識されない場合は、残念ながら、私の体験談では解決できないかもしれません。

メーカーのホームページで、改めてトラブルシューティングやQ&A、よくある質問(FAQ)などを確認してみてください。

 

他のアプリケーションもアップデートしよう

今回の目的は、プリンターがWindows10に認識されるようにすることでした。そのため、説明を省略したのですが。

メーカーのダウンロード情報の一覧に、ドライバー以外にも更新情報があった場合、必要に応じて更新することをお勧めします。

まあ、そんなこと言っている私も、まだドライバー以外は更新していないんですが…。

 

まとめ

Windows10に「プリンターのドライバーが対応していない」「ドライバーのインストールができない」「プリンターが認識されない」場合は、最新版のドライバーをインストールしてみましょう。

この方法は、無線子機ペンタブレットなど、他の周辺機器にも応用できます。

「Windows10にしたら、周辺機器もすべて買い替えなければいけない」なんてことは、ほとんどありませんので、ぜひ試してみてくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました