Windows10でアプリをアンインストールする3つの方法

windows10でアプリをアンインストールする3つの方法

Windows10では、アプリを削除するカンタンな方法が、3つ用意されています。

Windows系のパソコンを使い慣れている人だと、「アプリ」という言葉は聞きなれないかもしれませんが。ここでは、「アプリケーションソフト」「プログラムファイル」のことを指していると思ってくださいね。

以下では、もっともカンタンな方法から順に、Windows10でアプリをアンインストールする方法を紹介していきます。

いらないアプリや不要になったプログラムをWindows10から削除する際に、参照してください。

 

Windows10でアプリをアンインストールする3つの方法

スタート画面からアンインストール

もっとも気軽にアンインストールできる方法は、スタート画面からアンインストールする方法です。

 

まずは、デスクトップの左下にあるウィンドウのマークをクリックするか、キーボードにあるWindowsキーを押してください。

Windowsキーをクリックする

 

次に、アプリの一覧の中からアンインストール(削除)したいアプリを探し、右クリックします。

スタート画面からアプリを選ぶ

 

現れたメニューの中から、「アンインストール」をクリックします。

メニューからアンインストールをクリック

 

確認の画面が表示されますので、削除したいアプリを選択したことをよく確かめてから、「アンインストール」をクリックします。

確認画面からアンインストールをクリック

 

ね、カンタンでしょ?

ただ、この方法で削除した場合、ときどき削除したはずのアプリが復活しているような…?

また、どのアプリを選択したか、途中から自信がなくなることもあったり。

より確実にアプリをアンインストールしたい場合は、この後に紹介する2つの方法がオススメです。

 

設定からアプリを開いてアンインストール

次に紹介するのは、「設定」から「アプリ」を開いて、アンインストールする方法です。

スタート画面を開き、左下の「設定」マークをクリックします。

「設定」をクリック

 

「Windowsの設定」が表示されたら、「アプリ」をクリックします。

アプリをクリック

 

「アプリと機能」が表示されたら、一覧の中から、アンインストールしたいアプリをクリックします。

削除したいアプリをクリック

 

「アンインストール」をクリックします。

「アンインストール」をクリック

 

確認の画面が表示されますので、「アンインストール」をクリックします。

確認画面で「アンインストール」をクリック

 

もし「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示され、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれた場合、「はい」をクリックしてください。もしキャンセルする場合は、「いいえ」をクリックしてくださいね。

 

アンインストールを実行する前に、本当に削除してよいアプリケーションなのか、調べることをオススメします。
アプリの一覧には、削除するとWindows10の動作に影響を及ぼすものもあります。よくわからないアプリは、不用意に削除しないよう注意してください。

 

コントロールパネルからアンインストール

昔からWindows系のOSを使用している場合、コントロールパネルからアンインストールする方法が、もっとも馴染み深いですよね。

というか、Windows10を使い始めて、コントロールパネルの場所がわからなくて、パニックになったのは私です。

 

コントロールパネルを開くには、スタート画面に表示されるアプリの一覧から、「Windows10 システムツール」をクリックしてください。

「Windows システムツール」をクリック

 

フォルダ内の一覧から、「コントロールパネル」をクリックします。

コントロールパネルをクリック

 

コントロールパネルが表示されたら、「プログラム」の下にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。

「プログラムのアンインストール」をクリック

 

「プログラムのアンインストールまたは変更」の画面が表示されたら、削除したいアプリケーションをクリックし、「アンインストールと変更」をクリックします。

プログラムのアンインストールまたは変更

 

この後、アプリによっては「ユーザーアカウント制御」のウィンドウが表示され、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かることがあります。

その場合、「はい」をクリックするとそのままアンインストールまたは変更の画面が表示され、「いいえ」をクリックするとアンインストールがキャンセルになります。

 

まとめ

Windows10アプリ(アプリケーションソフトやプログラムのこと)をアンインストール(削除)するカンタンな方法は、以下の3つです。

  1. スタート画面からアンインストールする
  2. 設定からアプリを開いてアンインストールする
  3. コントロールパネルからアンインストールする

 

いらないアプリや不要になったソフトを削除するときは、本当に削除して良いアプリか、必要に応じて再インストールできるか、確認してからアンインストールしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました